読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miyasakura’s diary

日記です。

2016年に見た映画(主に邦画)感想まとめ

日記

備忘録も兼ねて簡単な感想を。順不同。

  • 残穢 -住んではいけない部屋-
    • 引っ越した部屋に霊がいて、みたいなやつだったはず。なぜか引越しする直前に見に行った。あんまり自分には合わなかった。
  • セーラー服と機関銃 -卒業-
    • Twitterで意外と面白いというのが流れてきて見に行った。前半それほど面白くなかったけど後半はちゃんとまとめてくれたので満足度は低くない。橋本環奈の女優としてのこれからに期待。
  • ザ・ウォーク
    • ビルの間を歩くやつ。高所恐怖症の自分には最後の方は直視してられなかったくらい3Dマジヤバイと思った映画。映画館で見てよかったと思うけど、もう絶対に見たくない。
  • レヴェナント: 蘇えりし者
    • 「映像が凄い」と勧められて見に行ったら映像がすごかった作品。ディカプリオの演技は圧巻だったけど作品自体はよくわからなかった。ディカプリオの絶対に死なない無敵具合とか謎。
  • ちはやふる -上の句-
    • 最高に面白かった。2016年に邦画を大量に見るようになったきっかけとも言える作品。Blu-rayも買ってしまった。
  • ちはやふる -下の句-
    • 上の句のスポ根から、少し恋愛や若者の悩み的なところに焦点を変えているので、上の句の延長線上を期待していると肩透かしな部分もあったが、上下合わせて素晴らしい作品だった。
  • あやしい彼女
    • 多部ちゃんのファンすぎるので正当な評価はできないものの、悲しくてやりきれないは同じ曲を主題歌にしたこの世界の片隅により印象に残っている。
  • アイアムアヒーロー
    • 一つくらい有村架純の映画を見ておかないと思って見た作品。これはTwitterで良い作品という情報が入ってたので期待値高めで見に行ってちゃんと面白かった。
  • ズートピア
    • 結構前の作品な気もしたけど今年の映画だったらしい。もうなんかディズニーの映画を見ても、さすがディズニーだよねという感想しか持たなくなってしまった。この制作ペースでこのクオリティで仕上げてこられると日本のアニメ業界はなかなかつらいよなぁ。
  • シン・ゴジラ
    • ゴジラに街を破壊されているときの絶望感とか半端なかった。色んな人が褒め称えている理由がわかる。一番印象に残っているのは無人在来線爆弾。
  • 君の名は。
    • エンタメとして単純に面白かったので売れているのも納得。2回見た。終わる前にもう一回くらい見に行っておきたい。
  • 聲の形
    • 全7巻の漫画をよくまとめていたなという感想。
  • 溺れるナイフ
    • 期待して見に行ったもののあまり覚えていない。セリフを噛んでるシーンをそのまま使ってるとか不思議な演出があって、もう少しうまく撮れたのではと思った気がする。上白石萌音が意外とブラックな役をやっていたり、ジャニーズの子がすごく良い役やっていたり若い役者陣はすごく良かった。モデルをやってる美少女という役どころをできて演技もできるのは小松菜奈くらいじゃないだろうか。
  • この世界の片隅に
    • 周りが褒め過ぎていると素直に良かったと言えない自分ですが、これは素直に良かったのでぜひ皆さん見に行ったら良いと思います。別に泣かせる映画というわけではないのですが、エンドロールで涙を止められなかった作品は初めて。
  • 聖の青春
    • 面白いとは思ったけど自分にはあまり合わなかったかも。羽生さん役とかすごく頑張ってたけど無理してモノマネしてるみたいに思ってしまった。
  • 何者
    • ある種現代の闇的なところにスポットをあてていて、共感できるかといえばそんなことは無いが、とはいえ全く無関係と笑い飛ばせるほどの自分でも無いので色々と考えさせられた作品。
  • オー・マイ・ゼット
    • 彼女に連れられて見に行った単館上映のゾンビ映画。ゾンビは良いんだけどスプラッタ系は苦手なので思ったよりグロくて楽しめなかった。制作費が数十億の映画も予算が1000万も無いような映画も、見る側は同じ1800円というのは不思議な感覚ではあるが、これはこれで良かったのでこういう映画もたまには見に行きたい。
  • 四月は君の嘘
    • これはだめだった。無理に映画にしたのがそもそもの失敗だった感。ちはやふるは数巻分のストーリーを4時間かけて描いてすごく良い作品になっているので、それくらい丁寧にやってほしかった。そういう意味ではドラマ向きの作品だったのかも。
  • 怒り
    • 大作を見に行ってちゃんと見ごたえがあって満足した作品。広瀬すずも良かったし何より宮崎あおいが良かった。
  • 少女
    • 本田翼に引かれて見に行ったけど世界観がよくわからないまま進んでしまって映画に入り込めなかった。監督がだめだったのか役者がだめだったのか。好きな人は好きな作品な気がする。
  • 金メダル男
    • 金メダルを取りまくる勝ち組の男の話を期待していったものの挫折が思ったよりも早めにあったので気分爽快という映画ではなかったが、最終的にはカタルシスを得られたので一安心。
  • 僕は明日、昨日のきみとデートする。
    • 個人的に日本一可愛いと思ってる小松菜奈と個人的に日本一イケメンだと思ってる福士蒼汰の映画なので年末で忙しかったものの無理矢理見に行ってみた。2016年締めの映画。期待してなかったのに想像以上に号泣してしまった。設定自体は時間に関係する根幹部分がツッコミどころありだし福士蒼汰いきなりイケメンになりすぎだろとか色々思うところはあるものの、恋愛映画としては非常に良かったと思う。

以上、今年見た映画21本の感想でした。あえて良かった映画を挙げるとすると、

の4作品。

ちはやふる君の名は。に関してはやっぱり自分は青春映画好きだなぁと。深い解釈の必要ないわかりやすいエンタメ作品が好きってのもある。

恋愛ものはあまり好きではないものの、僕は明日〜は小松菜奈が可愛かったし泣けたので。ただ一番直近に見たのでかなり補正がかかっているとは思う。

あと怒りは今年見た中では一番見ごたえのある大作でちゃんと面白かったので印象深い。宮崎あおいも妻夫木も他の人も皆良かった。やっぱり人気ある役者さんって演技もしっかりしてるなと改めて気付かされた。

しかしヨコハマ映画祭とか見ると上位入賞作品の半分も見てないので、来年は話題作だけじゃなくて小さい映画館でやっているようなものも積極的に見ければなと思う。