読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miyasakura’s diary

日記です。

生命保険に入るべきか否か

久々の投稿。三日坊主なのが悪いところなので続ける癖を付けたいところ。。

--

30歳になったということでこの前保険の相談に行ってきたのでメモがてら。

ちなみに私はファイナンシャル・プランニング技能士2級試験の合格者だったりします。

保険は期待値としては損をするものなので(そこが保険会社の収益の源泉)、必要なものだけ入る、というのが基本です。

保険加入の目的

簡単にケース分けすると、

  1. 急にお金がかかってしまうケースに備える
  2. 収入が減った時に備える
  3. 貯蓄

という感じでしょうか。

それぞれについて自分にとって加入が必要なのか検討していく必要があります。

個人的なポリシー

何かしらの問題が起きて人生が落ち込むタイミングにそれを底上げする、というのが保険です。

自分は基本的にギャンブラー思考というかなんというか、あまりどん底ケースに備えて何かというのはしない方針で考えています。

検討

ということで各ケースについて自分の中で検討しました。

急にお金がかかってしまうケース

これは基本的には貯蓄で足りる分であれば入る必要はありません。 数百万程度の貯蓄があればそれ以上が突発的にかかることも無いはずなので特に必要無さそうです。

死にそうになった時に何としても生き残りたい場合は先進医療特約のある生命保険はつけておいても良いでしょう。

収入が減ることに備える

一つは老後ですね。まぁそんな何十年もあとのことを考えても仕方ない気がします。

あとは病気とかで働けなくなった場合。それなりに国から補助などはありますがどうしても収入が減ってしまいます。 その時に困る人が自分以外にいるのであれば(奥さんとか子供とか)、入ったほうが良さそうです。

入る保険の種類は逓減定期保険の一択でしょう。

私は結婚しておらず子供もおりませんので、特に入る必要は無さそうです。

貯蓄

掛け捨てじゃない保険は基本的に損しているという面はあるのですが、貯蓄できない人とか投資で増やすのが苦手な人は保険でそれを賄うのはありです。

また、節税分については得をすることができるので、その恩恵をうけるために月々7000円程度*3種類の貯蓄型の保険に入るのは賢い選択です。

ただし10年以内に解約すると多くの場合損をしてしまうので、10年程度はお金がなくならない自信があることが前提です。 (いくつか調べましたが、12年くらいで返戻金が払込額を超えてくるので、節税分と合わせて損益分岐点はざっくり10年前後)

あとは保険会社が潰れたりするとお金が全額は返ってこないので、その辺りのリスクも勘案する必要はあります。

まとめ

ということで独身男である私の場合、

  • 貯蓄は数百万は切らないはず
  • 老後なんて今の日本で考えても仕方ない
  • 保険で貯蓄するくらいなら投信でも買ってワクワクしたい
  • 10年後も安定してる自信は無い(自分も保険会社も)ので節税も狙わない

ということで結論は保険に入らないということになりました。

自分のように今が楽しければそれで良いという思考の人は基本的に保険なんて入らないで良いのですが、そうではない独身男性には節税&貯蓄ができる保険についてはオススメできるのではないか、というのが自分の結論です。